(未定稿、禁引用)
シンポジウム「日本中世思想史研究に明日はあるか」開催記録

本稿は、森新之介と鈴木英之が企画運営し、早稲田大学高等研究所がWIAS Top Runners' Lecture Collectionとして開催したシンポジウム「日本中世思想史研究に明日はあるか」(2018年10月27日、早稲田大学早稲田キャンパス9号館5階第1会議室)の記録である。当日は森と大塚紀弘、野上潤一がそれぞれ報告し、舩田淳一が論評し、鈴木が司会した。

開催趣旨

日本中世の思想は、宗教・政治・芸能など多岐に渡る。そのどれもが重要な意義を有しているが、近年の思想史学界における中世研究は低調で、研究者人口も減少し続けている。こうした状況を招いた理由はいくつか考えられるが、新たな研究者の参入を促すための中世思想の魅力発信が不足していること、他時代の研究者との連携に乏しいこと、仮託文献などの名も無い思想家たちの書籍に対する学界における関心の低さなどが、大きな理由として挙げられよう。

こうした中世思想史をめぐる思想史学界の危機的な状況に対して、昨今、中世思想に強い関心を抱き、新たな地平を切り開いてきたのは、文学や史学を専門とする研究者たちであった。これまで等閑視されてきたテキストや言説に注目し、一次資料を調査・発掘することで、新たな視点や解釈を見出していったのである。

そこで本シンポジウムでは、日本中世思想史における現状と課題を考えるため、思想史に加えて日本史と国文学から気鋭の中堅・若手研究者を壇上に招き、各々の最新研究を紹介して頂いた上で中世思想史研究に対する問題提起を行って頂く。それを踏まえた全体討論では、聴衆も交えて中世思想史研究の可能性について忌憚なく議論したい。

ポスター / ビラ表
ビラ裏
草稿